AMD RYZEN 5 2400G(AS-K27MT)

格安4Kモニター・ AS-K27MTなるものを買ってしまった。
前のPCモニター(TVですが)は、解像度1920x1080だったので一気に4倍に。
サイズは、26型→27型に大型化。ただし、ベゼルが約4cmから約1.5cmになったため二回りほど小さくなった。
重量に至っては1/3に(驚)



ただ問題が。ASRockのB450M-HDVの出力端子にはDPがなく、HDMIとなる。
仕様上は、最大4K/30Hzなのですが……



普通に4K/60Hzと表示されてます。RGB方式で(驚) 本当か?



デフォルトでは150%なのですが、大きく感じたので125%にしました。様子見です。

一番嬉しかったのは、PIP機能に制約がない事。
他のメーカーだとHDMI同士が出来なかったりする(DPとの組み合わせのみ)。
おかげでHDMI1とHDMI1のPIPが可能。意味ないけど。

「FreeSync」「オーバードライブ」「HDR」等、一通りあるけど、PIP有効にすると無効化&初期化されてしまう。
PIP解除のたびに設定しないといけないので面倒。オーバードライブぐらいはやったほうが良いかな?

スピーカーについて。
出力は、2Wx2。音質は期待してなかったけど、ダメダメだった。
JBL Pebblesにつないでます。USB給電なので最大5W(2.5Wx2?)なので、差がないはずなのにこっちのほうが音が良い。

問題はスケーリング非対応のソフト。
プリコネRは1280x720なので凄まじく小さくなる。けもフレ3は1600x900なので少し大きい(でも小さい)。
ソフトごとに強制できるのでソフトごとに調整。ただし表示が狂うこともある。

解像度が4倍となり、GPU負荷が上がったので再度のベンチを取りました。


DQ X ベンチマーク


計測値(低品質)
1920x1080 11,188 すごく快適
3840x2160 4,607 普通

計測値(標準品質)
1920x1080 10,849 すごく快適
3840x2160 3,100 普通

計測値(最高品質)
1920x1080 8,980 とても快適
3840x2160 2,367 やや重い
※ 1920x1080の結果は、前回のベンチマーク結果より。

結果。
「普通」~「重い」に変化。
さすがに軽いと言われるDQXでも厳しくなってきました。


FF XIV 漆黒のヴィランズ ベンチマーク


計測値(標準品質)
1920x1080 4,869 快適
3840x2160 1,467 設定変更が必要

計測値(高品質)
1920x1080 3,015 やや快適
3840x2160 889 動作困難

計測値(最高品質)
1920x1080 2,793 やや快適
3840x2160 844 動作困難
※ 1920x1080の結果は、前回のベンチマーク結果より。

結果。
「設定変更が必要」~「動作困難」。
プレイは無理のようですね。


FF XV ベンチマーク


計測値(軽量品質)
1920x1080 2,330 重い
3840x2160 813 動作困難

計測値(標準品質)
1920x1080 1,770 動作困難
3840x2160 578 動作困難

計測値(高品質)
1920x1080 1,129 動作困難
3840x2160 491 動作困難
※ 1920x1080の結果は、前回のベンチマーク結果より。

結果。
「動作困難」。
当然と言えば当然の結果。
コマ送りですし、画面切替時のロード時間の長いこと……